電子機器事業部 沿革

電子機器事業部 沿革

  • 1979
    昭和54年

    シーク電子工業㈱設立

  • 1980
    昭和55年

    自社製品 第一号となる「信号発生器 AS-1000」発表

  • 1983
    昭和58年

    位置決めコントローラ第一号「AS-7000」発表

  • 1984
    昭和59年

    シーケンス機能付2軸モータコントローラ「AS-8000」発表

  • 1987
    昭和62年

    京都大学と共同開発「構造物の破壊試験用加力装置」(特許出願)

  • 1988
    昭和63年

    1軸コントローラ「AS-8500」発表

  • 1994
    平成6年

    パソコン内蔵タイプモータコントローラ「AS-49Pシリーズ」発表

  • 1996
    平成8年

    FPGA応用技術の開発に着手

  • 1997
    平成9年

    400万画素カメラ対応「半導体外観検査システム」をセミコンショーに出展

  • 1999
    平成11年

    「渋滞検知表示標識」発表

  • 2001
    平成13年

    パソコン内蔵タイプモータコントローラ「AS-49PC4」発表

  • 2002
    平成14年

    「三次元計測システム」発表

  • 2002
    平成14年

    NTTDocomo社のDoPa網を使用した「遠隔監視制御システム」発表
    FPGAデバイスを使用した「2相マイクロステップドライバ」発表

  • 2004
    平成16年

    「60軸モーションコントロール」開発

  • 2005
    平成17年

    「16ヘッドタイプ インクジェットシステム」開発
    モーションIPコア搭載「AS-FPGAPC2」発表

  • 2006
    平成18年

    財団法人京都市中小企業支援センターより第11回「オスカー認定」

  • 2007
    平成19年

    シーケンス機能付 4軸ステーションコントローラ「AS-8400」発表

  • 2010
    平成22年

    東洋レーベルへの事業譲渡により、電子機器事業部(伏見区竹田)として開始

お電話でのお問合せ:075-314-2117

お問合せフォーム