コラム

コラム健康寿命推進

2019年12月24日 

 

2019年も残すところわずかとなりました。

年の瀬で皆様におかれましても何かと忙しくされているかと思います。

この一年お世話になりました得意先様への挨拶も増え、益々忙しくなる時期ではありますが、実はもう一つ大事な時期でもあります。

それはマラソンです。

箱根駅伝をはじめ、全国都道府県対抗駅伝や全国高校駅伝、中学生駅伝、各地方のマラソン大会等、快挙にいとまがないほどのレースがあり、まさにシーズンとなります。

 

実をいうと会社から非公認ではありますが、当社にもマラソン部が存在します。

皆真剣に取り組みを行い毎朝通勤ランをしている社員もおり、年に数回、リレーマラソンやハーフマラソン、フルマラソンなどに参加をし

走る楽しさを共有すると同時に、健康にも気を使っているようです。

 

日本政府主導の元、働き方改革がうたわれ、やっと根付いてきた昨今ではありますが、

巷では12時から13時の休憩のありかたにも変化が生まれ、好きな時間に1日に延べ1時間休憩を取得させる企業も出てきたようです。

例えば、眠気を覚える時間帯の15時ぐらいから15分仮眠をし、15分ランニングを行いリフレッシュし、仕事に邁進をするというように

その人にあった働き方というのも今後は増えてくるかもしれません。

 

当社も始業開始直後に毎日欠かさずラジオ体操を行っておりますが、製造現場はもちろんのこと、

事務員も積極的にラジオ体操に取り組み、生産性の向上並びに健康維持の両方の効用を得ております。

 

日本国内においては2025年には超後期高齢化社会に突入し、

健康寿命への取り組みや高齢者の活用などが企業のテーマになってくるものと考えられます。

 

当社もケイパビリティを最大限に活かし、高齢化社会を見据え医療・看護・介護市場へ参入すべく、新規事業部を立ち上げました。

そもそも、何を行うにも健康が第一であり、その為にも日頃からの健康管理や運動は心掛けたいものです。

 

事務員の朝のラジオ体操風景です。