コラム

コラムメンブレンスイッチは「枚?個?」

2020年3月2日 

当社取り扱いの製品にメンブレンスイッチがあります。

このメンブレンスイッチですが、お客様の要求で、作成する範囲が多種多様に渡っています。

 

言葉の意味では「薄型のスイッチ」という意味なので、

シート1枚(弊社の呼び方では「キーシート」)から

電源を繋げば、すぐ使えるテレビリモコンのようなものまで含みます。

 

当社では、印刷事業部、電子機器事業部と多様なお客様の要求にこたえるべく、部署を設けていてシート1枚から、アッセンブリされたスイッチまで幅広い製品をご提供できます。

 

メンブレンスイッチの呼び名もですが、数え方に日々悩まされます。

キーシートの数え方と言えば「枚」ですが、アッセンブリされたスイッチを「枚」とは数えません。

当然「個」となりますが、一体どこから「個?」というのが、日々悩むところです。

 

キーシート+両面テープは「枚?」

これに、印刷で作成した回路シートを貼ったものは「個?」

と社内でも呼び名が「枚?個?マイ?コ?」と安定しません。

 

社内の会話で済んでいるうちは良いのですがお客様と仕様の打ち合わせをしている際に

「個?」だったり「枚?」だったり、都度変わってしまうと

気になって話が進まなく。細かいことが気になってしまう性分の様で。

○棒の右京さんのような。住所が右京区だけに。(つまらない洒落ですいません。)

 

 

写真は展示会用で作成した当社オリジナルのメンブレンです。

金属ドームAタイプ(一層構造)で層厚0.8mmにトップシートをインクジェットで印刷して作成しております。

スクリーンでは難しいグラデーションをふんだんに盛り込んだメンブレンスイッチです。

 

このように印刷方式においても、様々な仕様にて対応できますので

気軽にお問い合わせ頂ければと思います。